学部概要

HOME » 学部概要 » ごあいさつ

ごあいさつ

「海を知り、海を守り、海を有効に利用する」
総合的な教育研究を進めます。

海に囲まれた我が国では、海から得られる資源(生物/非生物を問わず)やエネルギーの持続的利用が重要で、そのための新産業分野の創出も必要です。2007年に施行された海洋基本法には「…海洋の平和的かつ積極的な開発・利用と海洋環境の保全との調和を図る新たな海洋国家の実現を目指す」と明記されています。世界に目を向けると、「持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)」が2015年に国連で採択されました。2030年までに達成すべき17個の大目標が掲げられており、その1つに「海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能なかたちで利用する。」というものがあります。

海洋資源環境学部は、このような時代の要請に応え2017年4月に新設されたばかりです。本学の歴史的な特色と特長に立脚した海洋の持続的利用と環境保全に資する教育・研究への取り組みが、品川キャンパスで始まったのです。この新しい学部では、海面及びその上を覆う大気から海底、海底下までの総合的な海洋科学・海洋生物学に関する理解を基盤に、再生可能エネルギー・海底資源の利用、海洋環境の保全・修復等の分野で求められる知識と技術を教育します。「新たな海洋国家」を実現しそれを支えるチームの一員さらにはリーダーとして国内外で活躍できる人を育てるために「質保証」を伴う統合的で実践的なカリキュラムを備え、海のスペシャリストを輩出していきます。

海洋資源環境学部長
田中 祐志

top