学部概要

HOME » 学部概要 » ごあいさつ

ごあいさつ

「海を知り、海を守り、海を有効に利用する」
総合的な教育研究を進めます。

平成29年度、東京海洋大学は「海洋資源環境学部」の設置によって、「海洋」をテーマとする大学としての新たな形に挑もうとしています。海洋は、地球上に残された巨大なフロンティアであり、その利用価値は未だ無限と言って良いでしょうが、海洋に眠る資源やエネルギーがどのように分布し、どのように利用できるのか、その研究は始まったばかりです。一方で海洋は、その巨大さ故に、僅かな変動でも地球全体の環境や生物相に大きなインパクトを及ぼします。これら環境変動のメカニズムを熟知してこそ、はじめて人類全体の恒久的な資産として、大気から海底までの、様々な海洋の資源を有効に使うことができ、また多様な生物が生息していける海洋の環境を守ることができるのです。

日本は海によって他国から隔てられてきました。しかし、これからは海によって他の国々とつながっている、という時代になっていくでしょう。グローバルというよりボーダーレスな環境で、日本を含めた世界の中で、社会的に許容できる形で海洋の利用を行っていくことが我々に課された使命であり、また、今後日本が世界でのプレゼンスを確立し、リーダーシップを発揮していくためのキーポイントなのではないかと思います。

海洋資源環境学部長
岡安 章夫

top